© 2019 Hiromasa Abe

Hiromasa Abe.jpg
Exhibition in the warehouse  2017.9

解体される倉庫にて

創業71年になる会社の創業地である倉庫、ここは歴史と時間が蓄積した場所です。
再開発の為に取り壊される前に「地謝祭」と称した式典を執り行いました。
参列した社員・OB・OGの皆さんが言葉を書いた石板をパレットの上に置きその重さにより中央の1トンの彫刻を浮遊させるという式典です。
71年前に行われたであろう地鎮祭、それにより鎮められた地主の神を感謝と共に一旦開放する。
最後の一枚を置き式典が完了すると同時にこの作品は完成しました。