© 2019 Hiromasa Abe

鎮座百年祭奉祝 奉納展

神宮の杜に集う彫刻家たち

明治神宮廻廊

9:00 - 16:30

令和2年2月14日(金) - 2月28日 (金)

古代ローマ時代から続く彫刻の町カッラーラとピエトラサンタ。 
その彫刻の聖地の風を受けた 日本人現代彫刻家の作品が神宮の杜に集まる! 

明治神宮とカッラーラ・ピエトラサンタ

 カエサルを引き継いで、ローマ帝国という巨大システムを完成させた皇帝アウグストゥスは、自分の治政を振り返って、レンガでできたローマを、大理石のローマへと作り直したことが、自分の最大の達成であると述べている。そして、彼が実際にローマを変身させるために用いたのはカッラーラ・ピエトラサンタの白い大理石であった。

 彼は法制度をはじめとして、ローマのシステムをすべて作り直した人間であるにもかかわらず、カッラーラ・ピエトラサンタの石についてだけ言及したのはなぜだろうか。それは石というものの不思議な力を、さらに敷衍していえば、物質というものがもつ不思議な力を、この偉大なリーダーが知っていたからである。物質は様々な言葉、数字以上の大きな力を持って人間を動かし、人間の考え方を変え、文明の形を作る。物質は文明の表層を飾るのではなく、中心に位置し、文明の性格を決定するのである。

 だから僕は、明治神宮の外苑に木のスタジアムをデザインすることによって、コンクリートの文明を、木の文明へと転換したいと考えたのである。今、僕等は再び、物質について考え直すべき時機を、物質と人間との関係について考え直す時をむかえている。その神宮に、カッラーラ・ピエトラサンタを素材として製作された彫刻が並ぶ姿は、想像しただけでわくわくする。アウグストゥス帝の石と、明治の大帝にゆかりのある森とが、どのような対話をくりひろげるかは、一見の価値がある。

建築家 隈研吾

彫刻の聖地カッラーラやピエトラサンタに渡った現代彫刻家31名による展覧会

参加作家

(五十音順)

朝野 浩行  安部 大雅  緒方 良信
菊地 伸治  北川 宏人  工藤 文隆
久保 極   佐善 圭       菅原 二郎

杉山 功   SO-イズミ  高橋 健二

田中 順也  冨長 敦也  仲道 美知子

中村 ケイ  中村 真木  花田 麗

原田 恭子  原田 砂織  樋口 恭一

平井 一嘉  平井 孝典  前田 耕成

毛利 吏絵子 森本 紗月  八木 麟太郎

安田 侃   湯川 隆   渡辺 忍

藁谷 収

写真特別参加

カルロ・セルジョ・シニョーリ

「Calvario Nero」 撮影:中村治

鎮座百年祭奉祝 奉納展
神宮の杜に集う彫刻家たち

令和2年2月14日(金) - 2月28日 (金)

明治神宮廻廊

9:00 - 16:30

会期中無休 入場無料

〒151-8557 東京都渋谷区代々木神園町1-1

主催 : 

神宮の杜に集う彫刻家たち実行委員会 

後援 :

一般社団法人 日本美術家連盟

一般社団法人 日本建築美術工芸協会 

協賛 :

タキゲン製造株式会社

株式会社KOUZUKI

泉吉株式会社

岸本エステート株式会社

グッドアース株式会社

長島不動産株式会社

笹の川酒造株式会社

​ダンデザインシステム株式会社

株式会社崎陽軒
文星芸術大学
株式会社スペース・オリオン
谷本ビル管理株式会社
株式会社仁風
株式会社柏屋
天野醤油株式会社

協力 :

明治神宮

企画 :

ギャラリー仲摩

越境する芸術プロジェクト

アドバイザー :

隈 研吾(建築家)

関連展覧会

CARLO SERGIO SIGNORI

Le Paradis Terrestre - 地上の楽園

イタリアを代表する抽象彫刻家、カルロ・セルジョ・シニョーリ。

1950年代から晩年までカッラーラに居を構え制作していました。 本展では、写真家・中村治が撮り下ろしたシニョーリ作品 30点と、初来日の彫刻 5点を展示します。

​2月14日(金)-  3月1日(日)

11:00 -18:00

エキジビションホール

イタリア文化会館 

Sculptors gathering in the Jingu Forest

At the Corridor of Meiji Jingu

14.Feb. 2020 (Fri.) - 28.Feb. 2020 (Fri.)

9:00 AM - 4:30 PM

Exhibition by 31 sculptors from sacred place

Meiji Shrine with Carrara and Pietrasanta

Augustus, the emperor who succeeded Julius Caesar and completed the huge system of the Roman Empire, described the rebuilding of Rome from brick to marble as his greatest achievement, looking back on his reign. Actually, he used white marble of Carrara and Pietrasanta to transform Rome. Why did he only refer to the stones of Carrara and Pietrasanta, though he is the one who rebuilt all the systems of Rome, commencing with legal systems? That's because this great leader appreciated the mysterious power of stone - more specifically, the miracle power of materials. Material drives humans to change their way of thinking and form the shape of civilization, with its power stronger than various sorts of languages or numbers. It's not only decorating the surface of it, but situated at its core - it determines the character of civilization. Therefore, my idea was to transform the civilization of concrete into that of wood by designing the wooden stadium in the Outer Gardens of Meiji Shrine. Now, again, it's time for us to have a rethink on materials and to reconsider the relationship between materials and humans. I'm excited just to imagine the sculptures of Carrara and Pietrasanta marble stand in line at that shrine. Dialogue between marble stones of Emperor Augustus and the woods associated with Meiji the Great is worth seeing.

Architect    Kengo Kuma